意味検索エンジン

「NEC、文書の高速検索と分類表示を行う意味検索エンジンを開発」

開発した技術の特長は以下と。

1. 意味検索を高速に実行する圧縮インデックス管理技術を開発

上位・下位概念を含んだ検索キーワードと文書との関係を記載したインデックスのデータを圧縮保持する技術を開発。これにより、オンメモリ処理を実現し高速な意味検索が可能。

2. 代表的な事例を短時間で理解できる因果関係マップを開発

大量の検索結果から代表的な事例とその原因、解決方法を高速に分類してマップ表示する技術を開発。これにより、問い合わせの原因や対処方法をオペレーターが短時間で理解可能。

3. 絞り込み用検索キーワードを容易に発見できる重要語分類技術を開発

検索結果に含まれる重要語を高速に分類表示する技術を開発。これにより、大量の検索結果をさらに絞り込むための検索キーワードをオペレーターが容易に発見可能。


1はデータ圧縮による高速化で、2、3はコンタクトセンターのオペレーターのためのヒント集であり、「意味検索エンジン」というよりも「検索用データベース」のほうが合っている気がする。
「意味」の意味をどう定義しているかによるが、すくなくとも脚注にある

意味検索方式では、検索キーワード(例."OS")に対して、同義語("オペレーティングシステム")、上位概念("ソフトウェア")、下位概念("Linux")など意味的に関係のあるキーワードを含む文書も検索される。

は、定義が狭すぎると思う。



私が欲しい「意味検索エンジン」の能力は以下のようなもの。

・ 新知識の獲得時には、人手を介さずに、概ね適切に様々な観点から過去の知識と関連付けられる。
・ 新知識から、過去の知識が自動的に修正される場合もある。
・ 部分的手がかりから、全体の情報を再構成できる。
・ 100%の確信度をもって答えることができるものがある(IBMのワトソンでも100%の確信度で答えられるのはほぼ0%)。
・ 確信度0%に近いような見当はずれな候補を抽出しない。
・ 確信度が低い場合は、絞込みに必要な質問をすることが出来る。
・・・
挙げればきりがない。

tag : 意味検索エンジン

遺伝的アルゴリズムの使い道

遺伝的アルゴリズムで歩行を学習させたそうです。とても面白が何か違うような気がする。



一般的にこのような学習には強化学習が用いられると思う。強化学習評価関数遺伝的アルゴリズムで進化させ、賢い評価関数を作るというのはどうだろうか。

tag : 強化学習 評価関数 遺伝的アルゴリズム

ウェルニッケ野の新たな位置

言語処理を司る脳部位、位置が違っていた 米研究

 1800年代後半にこの部位の存在を提唱したドイツの神経学者の名前にちなんだ「ウェルニッケ野」は、大脳皮質の後ろ側、音声を知覚する聴覚皮質の後ろにあると長らく考えられてきた。

 だが今回、米ジョージタウン大学メディカルセンター(Georgetown University Medical Center)のジョセフ・ラウシェッカー(Josef Rauschecker)教授(神経科学)のチームが、MRI(磁気共鳴画像撮影装置)かPET(ポジトロン放出断層撮影法)を用いて脳の言語知覚を調べた研究115本を分析したところ、ウェルニッケ野の新たな位置が判明した。実際は、3センチほど脳の前面に寄っており、聴覚皮質の後ろではなく前にあったのだ


100年以上それに気が付かなかったとは驚きだ。これが本当だとすると、まだまだ脳の高機能は何も分かっていないと言えそうだ。


 なお、霊長類も今回明らかになったのと同じ場所にある部位で言語を処理していることが分かっている。「人間と霊長類の間の(言語の)構造と処理は多くの人が考えているより似通っているかもしれない」とRauschecker氏は指摘した。


「霊長類が言語を処理している」とはどういう意味であろう?

tag : ウェルニッケ野 言語処理

夢が記憶に残らないのはなぜ?

誰もがを見る。しかし通常は記憶に残らない。
なぜなのか。

というのは、記憶可能であればエピソード記憶に分類されると思う。
エピソード記憶は海馬が関わっているとこが知られている。
が通常では記憶されないということは、には海馬が関わっていないということであろうか。
そしてそれ自身は、前頭前野で見ているのではないだろうか。

起き掛けのは、なんとか記憶に残すことができる。
覚醒すると前頭前野に残っている夢を、海馬に関わらせるなんらかの機能が働きだすのではないだろうか。

というような夢を今朝見た。

関連記事:
回想性想起と親近性想起
エピソード記憶と意味記憶

tag : 記憶

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ