情動の関連部位



脳の中の「わたし」から

恐怖扁桃体
両側の扁桃体が障害された患者さんは、六つ(幸福、驚き、恐怖怒り悲しみ嫌悪)の顔の表情の画像を分類してもらう課題で、恐怖の表情について特に成績がわるい。しかしテレビ番組で激しいやり取りをしている場面を見ると、怖いと感じる。つまり自分自身に向けられた恐怖についての反応が低下している。

嫌悪前部島皮質
前部島皮質に障害のある患者さんは、嫌悪の表情について特に成績がわるい。しかし自分が嫌悪感を抱くかどうかではなく、このような場面は嫌悪感を催させるかどうかという判断は問題なくできる。他者が嫌悪感を抱くかどうかは正しく評価できるにもかかわらず、自分自身は嫌悪感を感じない。

怒り視床下部
ネコでこの部分を電気刺激すると怒りの反応を示す。刺激を止めると直ちに元に戻る。

悲しみ帯状回底部
健常者を対象とした脳活動計測実験で、関係しているという結果が得られている。

幸福大脳基底核、側坐核
健常者を対象とした脳活動計測実験で、関係しているという結果が得られている。
関連記事

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 恐怖 扁桃体 嫌悪 前部島皮質 怒り 視床下部 悲しみ 帯状回底部 幸福 大脳基底核

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ