夢が記憶に残らないのはなぜ?その2

目が覚めたらなぜ「夢」は忘れてしまうのか?
──夢が記憶に残らない理由


こちらの説によると、

記憶は人間が生きるために存在していますが、の中の現象や行動は現実の生とかけ離れているからです。そのため、目が覚めるとほとんど記憶していないのです。


とあるが、科学的説明にはなっていないと思われる。
例えば覚醒時の行動を伴わない単なる思考・妄想でも十分記憶可能である。



Newtonの2012/5号を立ち読みしたところ、睡眠中外部刺激は視床でブロックされ(大脳皮質まで届かない)、また判断など行う前頭前野の部分の活動は低下しているそうである。

この2つが夢と記憶の関係に大きく関係しているようだ。

関連記事:
夢が記憶に残らないのはなぜ?
夢が記憶に残ると都合の悪いことは?
関連記事

tag : 記憶

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ