特徴抽出

コンピュータと人間の記憶の違い」という記事で、記銘(符号化)という過程では、人間の場合「特徴を抽出して記銘される」と書いたが、コンピュータもプログラムによっては特徴抽出を行う。

例えば音声認識のプログラムは、音声波形データを周波数分解し、それからフォルマントなどの特徴を抽出し、最終的にはテキストデータとして(保存すれば)記憶する。このようなプログラムは知的な感じだが、コンピュータ処理では例外的で、ほとんどのプログラムは特徴抽出とは無縁であろう。

人間の記憶は、すべて特徴を抽出して記銘される。特徴抽出しなければ、すぐに人間の記憶システムはパンクしてしまう。その抽出される特徴はダイナミックに更新される。例えば赤ん坊は、サルの顔を区別することができるが、徐々に区別ができなくなる。逆に大人は、サルの顔を通常区別できないが、動物園の飼育係のように何度も見ることによって、区別することができるようになる。

抽出される特徴がダイナミックに更新される要因としては、"主体にとっての区別の必要性"と"出現頻度"などが考えられる。"出現頻度"だけでは特徴の抽出は不完全になる。

"出現頻度"をプログラムで扱うことは容易いが、"主体にとっての区別の必要性"は容易ではない。如何にしてプログラムに"主体にとっての区別の必要性"を実装すべきか。


関連記事:
コンピュータと人間の記憶の違い
漢字が書けなくなった
関連記事

tag : 特徴抽出 記憶 主体

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ