ヒトの大脳皮質でとくに発達した4領域



1) 下頭頂小葉縁上回角回

視覚、聴覚、触覚などの異なる種類の感覚情報が脳の中で合流する場所。 抽象的な概念をあやつるうえで不可欠な役割をはたしているとみられている。

2) ブローカ野およびウェルニッケ野

言語を司る2つの中枢。ブローカ野は、ヒト以外の動物の脳には存在しないか未発達で、ウェルニッケ野は、チンパンジーなどの類人猿にくらべ6~7倍。

3) 前頭極部

前頭前野の中で最も複雑な処理を行っていると考えられる。 代表例は「推論」。

4) 前部帯状回

ヒトの社会性の根底をなす、「他人の視点に立って考える」 脳の働きに関連しているとみられる。
関連記事

tag : 下頭頂小葉 縁上回 角回 ブローカ野 ウェルニッケ野 前頭極部 前部帯状回

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ