意識と注意と視床枕

 視床枕は、哺乳類だけが持ち、ヒトなど高等になるほど大きい。チームは、サルに多数の赤と緑の丸い図が動く映像を見せ、視床枕の活動を測定した。動きがあいまいになるほどサルの判別能力が落ち、視床枕の神経細胞の活動も鈍くなった。



「ヒトの大脳皮質でとくに発達した4領域」という記事で、1)下頭頂小葉、2)ブローカ野およびウェルニッケ野、3)前頭極部、4)前部帯状回と紹介したが、視床枕も発達したらしい。

 視覚情報は、大脳の表面にある大脳皮質が受け取っていることは知られていた。一方、大脳皮質が傷ついても何かが存在すると捉えられる「盲視(もうし)」という障害や、大脳皮質に異常がなくても視床枕の片方を損傷した人が視野の半分を認識できない現象が知られていた。

 チームは実験結果などから、視覚情報の処理は、いったん大脳皮質が情報を受け取り、その情報を視床枕が処理することによって「分かった」と意識する2段階の仕組みになっていると結論づけた。



以上「視覚情報:大脳皮質で受け視床枕で処理…産総研で解明」からの引用

視床枕は注意の補足に関わっていることは示唆されており(「選択的注意と視覚的意識」)、今後の研究に注目したい。
関連記事

tag : 意識 注意 視床枕 盲視

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ