将棋盤の中の三角形

NHKのサイエンスZEROという番組で「世界最強!?人間を超えた人工知能」というのをやっていた。

今年4月、史上初めてコンピューターが将棋の世界で現役プロを打ち負かし、関係者や将棋ファンを騒然とさせた。勝者は東京大学のチームが開発した人工知能プログラム。優勢と見られていたプロ棋士が、コンピューターの繰り出した「人間には想像も付かない一手」をきっかけに、攻める隙もなく完敗するという衝撃の展開となった。驚異の人工知能の内部を探ると、そこには意外にも人間の脳の秘密を解き明かすカギが隠されていた!


人間には想像も付かない一手」は、今後は「新定石」と呼ばれるであろうと他のプロ棋士が言っていた。定石による先入観で誰もが見落としていたのであろう。
人間の脳の秘密を解き明かすカギ」に関しては何も言っていない。
プロ棋士を負かしたコンピュータプログラムは「GPS将棋」でベースアルゴリズムは、ボナンザである。
ボナンザはそれまで実時間的に無理と言われていた全数探索で、見事初挑戦でコンピュータ将棋の大会で優勝した(と下記の本に書いてあったと思う)。



この番組では全数探索が勝利の要因であったということにはふれていなかった。
それとは別に、過去の棋譜から3つの任意のコマの三角形を選んで統計し、そのパターンと現在の状況を比較して、もっとも近い形のものを選ぶ(という評価関数)ことが勝利の要因とゲストの松原仁先生が解説していた。
この三角形は、おそらく単なる思い付き(プログラマの直感)で、理論的根拠はないと思われる。
人間のプロ棋士はこんなことはやっていないだろうとも言っていた。しかしコンピュータは三角形から四角形、五角形などいろいろ試すことによりもっと強くなる可能性もあると。

やはり人工知能というよりも、人間が賢くなったと言う感じである。

関連記事:
何が賢くなったのか
コンピュータ囲碁・将棋
関連記事

tag : 将棋 三角形 人工知能

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ