自律型建設ロボット

自分の判断でブロック積み上げるロボ、米大開発

 【シカゴ=中島達雄】周りの状況を把握しながら、自分の判断でブロックを積み上げる「自律型建設ロボット」を開発したと、米ハーバード大の研究チームが13日、シカゴで開かれている米科学振興協会の年次大会で発表した。
 公開したのは全長18センチ、幅11センチ、高さ12センチの試作品で、7個の赤外線センサーと5個の超音波センサーを備える。ウレタン製のブロックを運び、ブロックを並べて足場を作りながら3段まで積み上げてみせた。


進歩はしているが、そのスピードはゆっくりして、まだ実用化の段階に至っていない。

 あらかじめ、どのような物を作るかの指示を与えておけば、後は複数のロボットが自分の判断で動き、必要な場所に必要なブロックを積むことができるという。1台が壊れても、他のロボットが作業をカバーする。


「あらかじめ、どのような物を作るかの指示」を如何に簡単に与えられるかが重要である。

また指示の難易度をどこまで上げられるかは、ロボットの行動のバリエーションに制限され、その指示内容の理解は、ロボットの認識能力(コミュニケーション)に制限される。あらかじめ決められたパターンのみの行動と認識しか対応できなければ、すべてを実装しなければならない。

他のロボットとの協調よりも、行動と認識能力の向上に力を注ぐべきである。

行動も認識も基本的な能力のみ実装し、あとは自律的に拡張てきるようにしたい。基本的行動の組み合わせを試行錯誤で発見し(二本の腕を中央に寄せる=はさむなど)、成功と判断した場合、その行動をレパートリーとして記憶する。その際、その行動にたいして「はさむ」という言葉を行動との連合学習で獲得する。ここまで出来れば、胸を張って「自律」と呼べるだろう。

まだまだ人工知能の夜明けは遠い。
関連記事

tag : ロボット 自律

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ