記憶を関連づける神経細胞集団の仕組みを解明

記憶を関連づける神経細胞集団の仕組みを解明

CTA記憶とAFC記憶の両記憶間の高次連合は、連続した同調想起により扁桃体で生じる記憶痕跡細胞集団の重なりによって引き起こされていることが明らになりました。加えて重要な点として、記憶の連合のみに関与し、元々の記憶の想起には必要でない記憶痕跡細胞集団が存在することが明らかになりました。


1)味覚嫌悪学習(CTA)
条件刺激  :サッカリン水溶液(甘い水)
無条件刺激 :塩化リチウム(内臓倦怠感を引き起こす)
獲得した記憶:サッカリン水溶液を忌避

2)音恐怖条件付け(AFC)
条件刺激  :ブザー音
無条件刺激 :足への電気ショック
獲得した記憶:ブザー音を聞くとフリージング(すくみ)反応

3)異なる記憶同士の連合学習
条件刺激  :サッカリン水溶液とブザー音
獲得した記憶:サッカリン水溶液を飲むとフリージング反応

・連合学習を行った群で両記憶を担う記憶痕跡細胞集団の重複率の有意な増加
・連合学習の想起時に光照射で重複細胞集団の活動を一過的に抑制、サッカリン水溶液によるフリージング反応が低減
・活動抑制は元々のCTA記憶、AFC記憶の想起には影響なし
・記憶の連合のみに関与し、元々の記憶の想起には必要でない記憶痕跡細胞集団が存在

おもしろい結果である。まだ私が理解できないのは、ジョセフ・ルドゥーの「シナプスが人格をつくる」に条件付け味覚嫌悪(CTA)は、

…意外だったのは、食べたのが病気を引き起こされる何時間前であっても、その食べ物に対する嫌悪が生じたことだ。


とあった。この記憶のメカニズムは解明できているのだろうか。
関連記事

tag : 味覚嫌悪学習(CTA) 音恐怖条件付け(AFC)

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ