スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピソード記憶と意味記憶

 エピソード記憶意味記憶はそれぞれ異なる神経基盤の持つかという問題には、タルビングが以下の2つの可能性を提示している。

1) 記憶情報は大脳一次感覚野から順次入力し、まず意味記憶として形成されて最終的に海馬エピソード記憶としてまとめられるというもので、意味記憶の形成基盤は情報が海馬に到達する以前にある(自説SPIモデル)
2) 意味記憶は多くのエピソードから文脈要素が抜けて意味だけ抽出されて形成されるという可能性で、神経基盤としてはエピソード記憶と同様に意味記憶の符号化は海馬に依存する

 スクワイアは2)の可能性を強く支持したが、エピソード記憶が障害されているにも関わらず、意味記憶の獲得が正常である患者の報告や、ヒトの幼少時の意味記憶が海馬の完成する以前に獲得されることなどから、最近では、側頭葉内側部は機能的解剖学的に細分化されているという見解が有力になってきている。

詳しくは、
認識と行動の脳科学 (シリーズ脳科学)


関連記事:
海馬の宣言的記憶仮説
関連記事

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 海馬 タルビング エピソード記憶 意味記憶

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。