回想性想起と親近性想起

 多くの研究者は以前から再認記憶には少なくとも2つ以上の異なる神経基盤があると考えてきた。

1) 回想性想起
 回想性は意識を伴い過去のエピソードを想起したりその時点にあったことを追体験するものである。

2) 親近性想起
 親近性は、いつそのエピソードがあったかを思い起こすことはできないが見覚えがある、それを見たのは初めてではない、ということを基にした判断で、意味記憶に近い。

 Yonelinasは、信号検出理論を用いて、海馬に選択的に障害のある患者では、回想性の想起に障害があり、海馬周辺領域に障害のある患者では、親近性が障害されることを示した。

 AggletonとBrownは側頭葉内側部と間脳の間に機能の異なる2つの日常記憶システム経路があるという仮説を提唱している。

 第1の周回経路は、

海馬->海馬至脚->脳弓->乳頭体->視床前核<->帯状回後部<->海馬周辺皮質<->海馬

脳弓を介してエピソード記憶、空間記憶、または再認記憶のうちの回想性想起に関与しているとする。

 第2の周回経路は海馬体や脳弓を含まずに

嗅周囲皮質->下視床脚->視床背内側核<->帯状回<->嗅周囲皮質

主に視覚認識や再認記憶のうち親近性想起に関与する。

 第1の経路のどこかの破壊で遅延非場所合わせ課題、T迷路、放射状迷路、水迷路では基本的に空間学習障害が見られ、オブジェクト再認課題と遅延非見本合わせ課題は正常であた。

 第2の経路での破壊では、全く逆の結果となった。すなわち海馬と嗅周囲皮質の間に二重乖離を確認した。

詳しくは、
認識と行動の脳科学 (シリーズ脳科学)


関連記事:
エピソード記憶と意味記憶
関連記事

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 回想性想起 エピソード記憶 海馬 親近性想起 意味記憶

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ