空気が読めるコンピュータ

「空気が読めるコンピュータをつくろう」プロジェクト

「常識」や「言葉の感覚」わかる人工知能開発 電通・日本ユニシスなど 自然な対話可能に 2010/9/24 12:07

記事要約:
「夏=暑い」「蒸し暑い=寝苦しい」といった常識や感覚をデータベース化、学習機能を持つ人工知能が、人が「夏は睡眠に気を使う」と話せば、「睡眠に気を使うのは寝苦しいから」と意図を解釈するという。2年後をメドにデータベースを構築し、コールセンターの応答システムなどへの応用をめざす。

期待したものはできないだろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ