効率よく脳神経回路の再編成を進める三つの変化

1)つながり方の変化

 神経回路が成熟する過程で、不要なシナプスがなくなり、必要な配線だけが残る。

2)神経伝達物質に対する反応が変化

 ある神経細胞は、神経伝達物質としてGABAを放出する。GABAを受け取った別の神経細胞は、最初のころは興奮を示すが、成長とともに抑制を示すようになるという。この変化により、神経細胞によけいな興奮がおきなくなり、必要以上に情報が広がるのを防げる。

3)使用する神経伝達物質が変化

 マウスの聴覚にかかわる神経細胞で、成長とともに神経伝達物質が「GABA」から「グリシン」へと切りかわる現象を発見した。グリシンはGABAより反応時間が短い神経伝達物質で、グリシンを使うことで、ネットワークが活動するタイミングの精度が上がると考えられる。

詳しくは、
脳と心―「心」はどこにあるのか 脳の最新科学、そして心との関係 (ニュートンムック Newton別冊)
関連記事

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : GABA グリシン 成長 変化 神経伝達物質

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ