喜怒哀楽の起源



1)基本情動理論
ハードウェアとしての神経生理システム(生得的プログラム)と各種情動カテゴリ(喜び、悲しみ、怒り、恐れなど)に生まれつき対応関係があると仮定。

2)社会文化構成主義
ハードウェアの構造上の制約を受けつつ、またあらかじめ存在する各種生物学的要素を材料にしつつ、ソフトウェアあるいはプログラムとしての各種情動が社会的経験を通して「徐々」に構成されると仮定。

3)構成要素的アプローチ
喜怒哀楽というような情動カテゴリは、あくまでも認知主体たる人間が「あると思い込んだもの」にすぎず、それは一回一回「そのつど」状況の細かい分析に応じて、あくまで「その場」で作られる。

などが代表的な情動の理論であるが、まだどれが優勢ということはないようだ。
関連記事

tag : 喜怒哀楽 情動

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ