スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人々はロト6を予想できているか?

ロト6の仕組みは「みずほ銀行宝くじコーナー」によると

1から43までの43個数字の中から選んだ異なる6個の数字(申込数字)と抽せん数字が一致している個数によって、1等から5等までの当せんが決まります。抽せんされるのは6個の本数字と、2等の当せんを決定する場合だけに使用される1個のボーナス数字です。


である。抽選方法は

ロト6の抽せんはミニロトと同じく電動撹拌式遠心力型抽せん機(愛称:夢ロトくん)を使用し、数字の書かれた43個のボールから6個の本数字と1個のボーナス数字を抽せん数字として無作為に抽出します。


ランダム(無作為)なはずである。 ランダムならば予想は不可能と思われるが、本当にランダムかどうか実績の数字と理論値から検証してみる。

まず「ロトシックス 過去の当せん番号」にある2010年6月から2011年5月までを集計する。その販売実績額の合計を200で割ると購入口数1,156,422,591となる。その口数に当選確率をかけると当選口数の理論値が出る。
以下に理論値、実績値およびテスト・プログラム(上記購入口数分、ランダムに抽出し566の本数字と順番に付き合わせる)の結果を表にまとめた。

1等口数2等口数3等口数2+3等口数4等口数5等口数
当選

確率
1/

6096454
6/

6096454
216/

6096454
222/

6096454
9990/

6096454
155400/

6096454
理論値19011384097342111189498129477475
実績値16313113945440765187657729568148
テスト119011314072241853189415229464950
テスト218611334079641929189470429477361
テスト318811374094242079189534729479035
テスト418011334078841921189441429477397
テスト517411394101442153189447829477646

2等のみ実績値が有意に理論値を超えているように見えるが、「2+3等口数」では大きく下回っており、全体として実績値はランダムよりむしろ悪いと言ってもいい。
この結果から、巷のロト6攻略法はすべてインチキと思われる(でなければ実績値が理論値を上回るはずである)。

関連記事

tag : ロト6 ランダム

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報
2013年11月発売
2013年6月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。