スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海馬CA3と記憶の想起

 海馬CA3野の特徴は、CA1や歯状回とは違って、反回性経路(RC=recurrent pathway)があることである。この反回性経路が記憶の再生や想起に重要な働きをしていると多くの理論家は考えている。

 CA3野のシナプスの長期増強は、歯状回からの苔状線維がインプットを提供するシナプスでは、NMDA受容体の機能に依存しないが、反回性経路がインプットを提供するシナプス(反回性シナプス)ではNMDA受容体に依存する。そこでCA3野に特異的なだけではなく、反回性経路にも特異的にNMDA受容体をノックアウトしたマウスを作る。

 そのマウスで、まずモリスの水迷路で空間記憶を獲得・想起できることを確認する。次に4つの主な目印を1つに減らして想起の実験を行うと、コントロールマウスとの比較で明らかに成績が悪かった。

 少しの手がかりから全体を思い出すことを、記憶のパターンコンプリーションというが、CA3野のNMDA受容体をノックアウトしたマウスは、この能力を喪失しているこのがわかった。

詳しくは、

私の脳科学講義 (岩波新書)




関連記事:
海馬CA1と記憶の獲得
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 海馬 CA3 反回性経路 NMDA受容体 長期増強 パターンコンプリーション

海馬CA1と記憶の獲得

 海馬CA1野のシナプスの長期増強の特徴は、NMDA受容体の活性に非常に依存しているが、通常レベルのシナプス伝達には、NMDA受容体はほとんど働いておらず、AMPA受容体が働いている。

 そこでまずCA1野に特異的にNMDA受容体をノックアウトしたマウスを作る。しかしCA3野や歯状回にはNMDA受容体は普通にある。そのノックアウトマウスの海馬スライスに、テタヌス刺激でCA1野のシナプスのみ長期増強が起こらず、歯状回た嗅内野のシナプスでは起こることを確認する。さらにそのノックアウトマウスが、モリスの水迷路実験で空間記憶が獲得できないことを確認した。

 このことから海馬CA1野のNMDA受容体はニューロンの長期増強の誘導に必要であり、正常な場所ニューロンの生成と空間学習(記憶の獲得)に必要であると結論された。

詳しくは、

私の脳科学講義 (岩波新書)




関連記事:
新生ニューロンと学習

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 海馬 CA1 NMDA受容体 長期増強

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。