スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と体

心の変化は体の変化を伴う。
具体的には、記憶や学習などの心の変化は、脳のシナプスという体の変化を伴う。
記憶には、一回限りの出来事を記憶するエピソード記憶があるが、その積み重ねが心の大きな部分を占めていると思う。その際、脳には必ず変化を伴う。
脳の海馬という部位に障害があるとエピソード記憶を獲得できないことは良く知られている。それは海馬そのものあるいは海馬をとおして、記憶が脳に物理的に刻まれていると考えられる。エピソード記憶(思い出)以外の心の変化も、常に体(主に脳)の変化を伴うと私は考える。

そう考えると体を伴わない魂や霊などというものは、ありえないと言う結論に至る。さらには生まれ変わりなどというものも。
スポンサーサイト

tag :

人工知能と脳科学

人工知能学会誌(2013年9月)に東京大学の堀浩一先生が、レクチャーシリーズ「人工知能とは」[第5回]に寄稿された。それまでに寄稿された4人の先生方との違いを強調して回答されている。

そのなかで特に気になったのは、長尾先生との違いである。長尾先生は批判を覚悟で「これからの人工知能は脳の働きを参照することによって新しい課題や方向性が見えてくるのではないか」と提言しており(「人工知能とは」参照)、それに対して堀先生は以下のように記述している。

5.1 脳科学と人工知能研究の関係は?

答え:サイエンスとしての知能の研究と脳科学は大いに関係がありますが、エンジニアリングとしての人工知能の研究にとって脳科学は必ずしも必要ではありませんし十分でもありません。


その理由として、

量子科学がいくら進歩しても天気予報の精度が高くなることはないというのと同様の関係が、現在の脳科学と人工知能の間に存在している。


と述べているが果たしてそうであろうか。
脳科学の知見は現在急速に蓄積されており、その人工知能への応用はまだ始まったばかりであり、私は量子化学と天気予報とは思えない。

また記事の別のところに以下のように記述している。

「人工衛星」をつくるときに、地球の衛星であるところの月の構造とその性質をすみからすみまで調べる必要はないし、そもそも月の真似をしようとして人工衛星をつくるわけではない。それと同様に、「人工知能」をつくるときに、知能の構造と性質をすみからすみまで知っている必要はない。我々は、人間の知能や動物の知能を参考にしつつも、それらと同じ知能をつくろうとしているのではなく、「新しい知能の世界」を構成的につくろうとしているのである。


こちらの比喩も、私は的外れに思えてならない。「新しい知能の世界」もいいが、現実の知能に挑戦するのも人工知能であると私は考える(むしろこちらが正道)。

そもそもどのような知能の実現を目標にするかによっても、方法論は異なってくるであろう。

知能を考える場合、言語のあるなしによって、実現できるレベルは格段に違いがある(人とヒト以外の生物のように)。音声認識や音声合成などではなく、言語の理解獲得とその使用可能な知能の実現をもって、はじめて人々に「人工知能」と認知されるのではないかと思う(厳しい基準かもしれないが)。

そしてこれまでの記号的AIが「積み木の世界」から未だに抜け出せないのは、「知能の構造と性質」に無関心(あるいは諦め)であったからではないだろうか。

もちろん脳と同じように人工知能をつくる必要は全くない。しかし言語の理解獲得にどのような「構造と性質」(あるいは機構)が必要かは、人工知能にしても脳科学にしても未だ全体像は判明・解明できていないのが現状であり、その判明・解明があって実現への道が開けると思う。そのためには脳科学の知見は大いに参考になるであろう。

言語とまでは言わなくとも、記憶や学習についても同じことが言えると思う。

tag : 人工知能 知能 脳科学

左利きの寿命

 これまで左利きは右利きに比べ寿命が短いとずっと信じていた。ところが下記の記事を見てそれが怪しいものであるとわかった。

不吉な統計:左利きは早死?

20世紀の間、左利きの比率は上昇し続けてきた。左利きであるかどうかは比較的遺伝的に決定されているのかもしれないが、20世紀初頭には子供たちは右利きに矯正されることが非常に多かった。その結果、多くの「生まれつきの」左利きは右利きとして振る舞うようになり、右利きの大人として認識されることとなった。しかし時が経つにつれ左利きへの社会的な圧力は減少し、左利きとして振る舞う人の比率は上昇してきた。


つまり若い人ほど左利きの割合が多いということ。

さてここで1990年に死亡した人々のランダムサンプルをとるとしよう。このサンプルである人は若くして死に、ある人は年老いて死んだであろう。この高齢で亡くなった人たちのうちの左利きであった(と申告された)人は若年死亡者よりも少ないであろう。なぜならこの人達は左利きであることが抑圧された時代に育っているからである。


以下分かり易い思考実験の例。

最近亡くなった人の遺族に次のような質問をするのである。「故人はハリー・ポッターシリーズをお読みになったことがありますか?」と。悲劇的に若くしてなくなった人(例えば12歳)のグループでは90代でなくなった人のグループに比べて明らかに多くの人がYESと答えるであろう。


統計は、簡単に信じてはいけない良い例ですね。

tag : 左利き 寿命 統計

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。