スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CA2は小さな環境変化を認識

記憶中枢「海馬」の小領域CA2の機能が明らかに

まず、マウスをある環境に慣れさせ、その後、全く違う環境とほんの少しだけ違う環境に移動した際に活動する海馬の神経細胞を、細胞イメージング技術を用いて観察しました。神経細胞が活動すると発現する遺伝子(Arc遺伝子とH1a遺伝子)を蛍光染色により、検出した結果、CA1、CA2、CA3、それぞれの神経細胞の可視化に成功しました。これにより、マウスがほんの少しだけ違う環境(いくつかの新しい物を置いただけの環境)に移動したときに、活動する神経細胞のパターンがCA2だけ完全に変わってしまうことが分かりました。これは、海馬全体は大きな環境の変化は認識できるものの、小さな環境の変化は認識できず、小さな環境変化を認識する役割はCA2が担っていることを示しています。

また、CA2の神経細胞の活動を阻害した遺伝子改変マウスは、正常なマウスに比べ新しい環境に移動してもその環境を探索しないことも分かりました。

これらの結果から、CA2は記憶の形成とその更新に重要な役割を持つことが分かりました。



パターンセパレーションとパターンコンプリーション

 歯状回顆粒細胞は皮質性入力の微妙な差を広げる作用をし、入力の差がもともと大きければ何もしない。他方CA3細胞は皮質性入力の微妙な差にはパターンコンプリーションしたかのように反応せず、より大きな差のある入力には新たな場所細胞を動因するglobal remappingの手法でパターンセパレーションを起こした。すなわち歯状回とCA3のパターンセパレーションはそのメカニズムが異なることが提唱された。



と記したが、CA2にもパターンセパレーションの機能があり、歯状回やCA3のメカニズムとも異なるようである。

関連記事:
海馬CA2
パターンセパレーションとパターンコンプリーション
スポンサーサイト

tag : CA2 パターンセパレーション

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。