スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神経細胞同士のつながりの強化は記憶の想起には不要?

記憶痕跡回路の中に記憶が蓄えられる
-神経細胞同士のつながりの強化は記憶の想起には不要-


概要:
マウスを小箱Bに入れて恐怖体験(電気刺激)を記憶させ(同時に海馬歯状回における記憶痕跡を標識)、その直後にタンパク質合成阻害剤を投与してシナプス増強が起こらないようにすると、翌日マウスを同じ小箱Bに入れても思い出すことはできずすくまない(恐怖反応を示さない)。
しかし別の小箱Aにマウスを入れて標識した記憶痕跡を人工的に活性化するとすくんだ(恐怖反応を示した)。
これは神経細胞同士のつながりがシナプス増強のプロセスによって強化されなくても、怖い体験の記憶は記憶痕跡細胞群の中に直接、保存されていることを意味している。
---------------

恐怖記憶は扁桃体に貯蔵されるという有力な説がある(LeDouxなど)。また恐怖学習は即時に学習される。
もしこの実験で「タンパク質合成阻害剤」が海馬のみに影響し、扁桃体に影響しないのであれば、扁桃体でシナプス増強がおこった可能性がある。
海馬歯状回の記憶痕跡細胞群を人工的に活性化すると、それが扁桃体初期学習時と同じ状態で扁桃体に伝わり、扁桃体で電気刺激が想起されたのではないかと思う。
おそらく小箱Aでなくても、どこにいても記憶痕跡細胞群を活性化すればすくむのではないかと思う。


関連記事

tag : 記憶 海馬 扁桃体

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。