スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初期視覚領域の活動と意識内容

 一次視覚野外側膝状体(視床の一部)の活動は、視覚的入力情報だけでなく視覚的意識が影響している。

 右目に横縞、左目に縦縞を提示して眼球間闘争の状態にして、盲点に対応した一次視覚野の活動をMRIで測定する。左目の盲点に対応する一次視覚野の領域には左目からの入力は存在せず、常に右目からの横縞入力が入っている。ところが、この領域(左目盲点の一次視覚野)は被験者に横縞が見えているときだけ活動し、縦縞が見えているときには活動が低下する。同じ情報の入力があるにもかかわらず、その視覚情報が見えているかどうかによって一次視覚野の活動が変化している。

 網膜の視神経は一次視覚野にいたる前に、外側膝状体を経由する。左側の外側膝状体ならば、その外側には左目の網膜の外側から、内側には右目の網膜の内側からの入力がある。左外側膝状体の内側の右目対応領域はずっと一定の視覚入力を受け取っているにもかかわらず、右目からの視覚情報が意識されたか、意識されないかによってその活動レベルが増減する。外側膝状体は、網膜から脳にいたる経路の単なる中継点に過ぎないと考えられていたが、もしかすると、外界の情報を受け取る入り口の段階でその内容が決定されているかもしれない。

 もうひとつの可能性は、初期視覚領域の活動は意識内容の変化の原因ではなく、その結果であるとするものである。視覚領域から側頭葉のような高次の視覚領域、頭頂葉や前頭葉にまで信号が伝えられ、そこで意識内容が決定された後、これが再び視覚領域へ送り返される。この送り返されてきた信号を受け取ることで、初期視覚領域の活動が意識内容を反映するという考えである。ただし、逆向きの信号の流れが一次視覚野に達することはあっても、外側膝状体まで到達するかは議論の余地がある。

詳しくは、
心の脳科学―「わたし」は脳から生まれる (中公新書)



関連記事

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 一次視覚野 外側膝状体 意識

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。