スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカの理解能力は人間並み?

イルカ 物・文字・音声、一緒に 理解能力は人間並み



 イルカが物とそれを表す文字、鳴き方をセットで記憶し、指し示したり鳴いたりできることを実験で確かめたと、村山司・東海大教授(動物心理学)らの研究チームが明らかにした。人間以外でこうした能力が確認されたのは初めてという。


(論文のURLはこちら)
https://www.nature.com/articles/s41598-017-09925-4
クロスモーダルな刺激透過性の成立が確認できたとのこと

刺激透過性とは、一般的に以下のように2つの訓練から4つの推論ができることをもって成立した、と以前の記事に書いた。

訓練1:AならばB
訓練2:BならばC

推論1:BならばA(対称性:訓練1に対する)
推論2:CならばB(対称性:訓練2に対する)
推論3:AならばC(推移性)
推論4:CならばA(等価性)



イルカの実験では、

訓練1:足ヒレ(A) ならば 「ピィ」(B)と鳴く
訓練2:足ヒレ(A) ならば  「丄」(C)を選ぶ

推論1:「丄」(C) 見せる 「ピィ」(B)と鳴く
  CならばA(対称性)+AならばB(訓練) → CならばB(推移性?) 
推論2:「ピィ」(B) 聞かせる 「丄」(C)を選ぶ
  BならばA(対称性)+AならばC(訓練) → BならばC(推移性?) 

なので訓練も推論も若干違う。

脳科学辞典によると「ヒト以外で等価関係を示したアシカとチンパンジー」とあり、「人間以外でこうした能力が確認されたのは初めて」ではないかもしれない。
しかし、先に述べた通り実験方法が若干違うので、こちらの方法の実験では人間以外では確認されていないのかもしれない。

ただし「イルカの理解能力は人間並み」は、表現がオーバーと思う。
スポンサーサイト

tag : イルカ 刺激透過性

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。