スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“注意”の効率的選択説

「効率的選択」で脳は注意を向け集中を高める
-行動実験中の脳神経活動測定と独自の理論モデルで“注意”のメカニズムを実証-


これまでの認知学的行動実験から、“注意”のメカニズムを説明する仮説には、

1) 感覚増強説(ラジオの音量を上げる)
注意”した刺激に対する感覚野の神経細胞群の反応性を上げて知覚反応性を上げる

2) ノイズ減少説(ラジオのチューニングをあわせる)
刺激を受けたときに起こる脳全体の神経活動(ノイズ)を減らして“注意”した刺激の知覚反応性を上げる

3) 効率的選択説(ラジオにヘッドフォンをつなぐ)
“注意”した刺激だけの感覚野の神経細胞群の反応性を上げ、それ以外の反応は遮ることで知覚反応性を上げる

があり、

今まで提唱されてきた3つの注意メカニズム仮説の理論モデルを独自に作り、「コントラスト応答関数」に当てはめて検証を行ったところ、効率的選択説の理論モデルが実験データに最も当てはまりました。つまり、注意を向けた意味のある刺激に対して感覚野の特定部分の脳神経活動が増大し、そのシグナルだけを選択的に知覚野へ伝え、それ以外の部位からの神経活動は遮る「効率的選択」が主に働いていることが分かりました。


ということらしい。

関連記事:
選択的注意と視覚的意識
関連記事

テーマ : 意識・認識・認識論
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 注意 効率的選択説

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。