スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味検索エンジン

「NEC、文書の高速検索と分類表示を行う意味検索エンジンを開発」

開発した技術の特長は以下と。

1. 意味検索を高速に実行する圧縮インデックス管理技術を開発

上位・下位概念を含んだ検索キーワードと文書との関係を記載したインデックスのデータを圧縮保持する技術を開発。これにより、オンメモリ処理を実現し高速な意味検索が可能。

2. 代表的な事例を短時間で理解できる因果関係マップを開発

大量の検索結果から代表的な事例とその原因、解決方法を高速に分類してマップ表示する技術を開発。これにより、問い合わせの原因や対処方法をオペレーターが短時間で理解可能。

3. 絞り込み用検索キーワードを容易に発見できる重要語分類技術を開発

検索結果に含まれる重要語を高速に分類表示する技術を開発。これにより、大量の検索結果をさらに絞り込むための検索キーワードをオペレーターが容易に発見可能。


1はデータ圧縮による高速化で、2、3はコンタクトセンターのオペレーターのためのヒント集であり、「意味検索エンジン」というよりも「検索用データベース」のほうが合っている気がする。
「意味」の意味をどう定義しているかによるが、すくなくとも脚注にある

意味検索方式では、検索キーワード(例."OS")に対して、同義語("オペレーティングシステム")、上位概念("ソフトウェア")、下位概念("Linux")など意味的に関係のあるキーワードを含む文書も検索される。

は、定義が狭すぎると思う。



私が欲しい「意味検索エンジン」の能力は以下のようなもの。

・ 新知識の獲得時には、人手を介さずに、概ね適切に様々な観点から過去の知識と関連付けられる。
・ 新知識から、過去の知識が自動的に修正される場合もある。
・ 部分的手がかりから、全体の情報を再構成できる。
・ 100%の確信度をもって答えることができるものがある(IBMのワトソンでも100%の確信度で答えられるのはほぼ0%)。
・ 確信度0%に近いような見当はずれな候補を抽出しない。
・ 確信度が低い場合は、絞込みに必要な質問をすることが出来る。
・・・
挙げればきりがない。
関連記事

tag : 意味検索エンジン

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。