スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーム問題

フレーム問題とは、人工知能における重要な難問の一つで、有限の情報処理能力しかないロボットには、現実に起こりうる問題全てに対処することができないことを示すものである。

私は以下のように考える。

生物は実時間内に問題に対応しなければならないと言う圧力が常にかかっている。
そのため問題の解決に「無限の可能性の計算」と言う戦略は取らず、注意とワーキングメモリで以下のように解決してると考える。

1) すべての入力情報は一次感覚野で受け取り、高次感覚野、感覚連合野、前頭前野(ワーキングメモリ)と進む。
2) その間に文脈的統合が行われ、ある事象に(能動的/受動的)注意が向けられる。
3) 注意が向けられたものは前頭前野まで送られ、注意が向けられなっかたものはプライミング記憶(意識されない)として残る場合もある。
4) 前頭前野で保持できる数は数個かつ時間も数十秒(重要度の低いものから忘れられる)で、「無限の可能性の計算」をしたくてもできない。

コンピュータが苦手なのは、特に注意の選択ではないか。
関連記事

tag : フレーム問題 注意 ワーキングメモリ

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。