スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“心を持つ”AIロボット?

“心を持つ”AIロボットが登場 動きで感情を表現

アメリカのベンチャー企業が開発したおもちゃのロボットです。うたい文句は、“心を持つ”ロボットで、AIとカメラで周りの人の表情や物体の位置などを読み取り、それに応じて1000通りの感情を表現するということです。
例えば、近くにいる人が笑っていると判断すれば、ディスプレーに笑顔を表示し、顔と腕を上下に動かして喜びを表現したり、近くに積み上げられたブロックに腕が届かないと判断すると、腕を激しく上下に動かしてもどかしさを表現したりします。


これに”心を持つ”というならば、サーモスタットも”心を持つ”言える。
こんなものがニュースになっているようでは、シンギュライリティはまだまだ遠い先のようだ。
関連記事

tag : シンギュライリティ ロボット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、気長に人工知能研究をしていて色々探していてこちらにたどり着きました
今、研究していて悩んでることは人工知能における欲求と動作の認識記憶です

題材に1+1=2というものをつかっていています

ここで悩むのは
1という情報をどう認識するのか
足すという事をどう認識するのか
2というものをどう認識するのか

ということ

又、2+2=4 4+4=8 など同意性の同一認識をどうするかというものです

視覚、聴覚、触覚があれば物体=1 物体が2つで 2
1という物体が二つあると2になると容易に認知できます
しかし人工知能では感覚器官はなく情報としての1という情報対象としか認識できません

更にそうした情報を認知したとして肉体的干渉するという事がない為 1というものを別な情報へ
干渉変換させるという行為 例えばトランプがあり裏向きであればひっくり返してどういうものかを確認するというようなプロセス認知記憶ができないので何とか以上のような問題点を解決できればと思っているところです

なかなかこうした具体的な内容に対してはどうしても向き合おうという方が少ないわけですが
もし、気が向いたならば検証、思考対応ののち対話できればと思いますのでよろしくおねがいします

Re: No title

> こんにちは、気長に人工知能研究をしていて色々探していてこちらにたどり着きました
> 今、研究していて悩んでることは人工知能における欲求と動作の認識記憶です
>
> 題材に1+1=2というものをつかっていています
>
> ここで悩むのは
> 1という情報をどう認識するのか
> 足すという事をどう認識するのか
> 2というものをどう認識するのか

「ある細胞は4つに対して最も強く反応し、3つや5つだと活動がぐんと減る。そして4つに対して反応する細胞は、図形がどのような大きさ、形で、どのような分布をしていようとも同じように反応する。」---「前頭葉は脳の社長さん?」より

小さい数字の認識は動物でも先天的にできるようです。しかし大きい数字は言語の習得がなくては無理ではないかと思います。
「足す」という概念的操作の理解も小学生になって習いますが、それ以前の様々な概念の習得が前提になっているのではないでしょうか。例えば「多い」とか「少ない」とか、物体の永続性とか。

>
> ということ
>
> 又、2+2=4 4+4=8 など同意性の同一認識をどうするかというものです

これは自分がどうやって認識しているのかもわかりません。

>
> 視覚、聴覚、触覚があれば物体=1 物体が2つで 2
> 1という物体が二つあると2になると容易に認知できます
> しかし人工知能では感覚器官はなく情報としての1という情報対象としか認識できません

画像にしても文字列にしても、入力をデータを処理する部分を感覚器官と捉えればいいのではないですか。

>
> 更にそうした情報を認知したとして肉体的干渉するという事がない為 1というものを別な情報へ
> 干渉変換させるという行為 例えばトランプがあり裏向きであればひっくり返してどういうものかを確認するというようなプロセス認知記憶ができないので何とか以上のような問題点を解決できればと思っているところです

ここはちょっと意味がわかりませんでした。

>
> なかなかこうした具体的な内容に対してはどうしても向き合おうという方が少ないわけですが
> もし、気が向いたならば検証、思考対応ののち対話できればと思いますのでよろしくおねがいします

過疎ブログなので、コメントに気がつくのが遅くなりました。

No title

返信ありがとうございます

AIは心を持てるか?

心とは何か?生きているとは何か?もまだ説明できていません。AIはただの機械です。
著書 心はどこから生まれるのか

Re: AIは心を持てるか?

> 心とは何か?生きているとは何か?もまだ説明できていません。AIはただの機械です。
> 著書 心はどこから生まれるのか

同意します。
著書の紹介ありがとうございます。amazonに注文しました。
新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。