FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶を思い出すための神経回路を発見

記憶を思い出すための神経回路を発見

背側CA1領域には、直接内側嗅内皮質の第5層につながる神経細胞(直接経路)と、背側海馬支脚を経由して内側嗅内皮質の第5層につながる神経細胞(間接経路)が存在し、文脈的恐怖条件付け学習実験の結果、直接経路は記憶の形成に、間接経路は記憶の想起に重要な役割を果たしていることが分かったそうである。

海馬CA1と記憶の獲得」という記事で、

海馬CA1野のNMDA受容体はニューロンの長期増強の誘導に必要であり、正常な場所ニューロンの生成と空間学習(記憶の獲得)に必要である


と書いたが、記憶の形成(獲得)には直接経路も重要で、

また「海馬CA3と記憶の想起」という記事で、

少しの手がかりから全体を思い出すことを、記憶のパターンコンプリーションというが、CA3野のNMDA受容体をノックアウトしたマウスは、この能力を喪失している


と書いたが、記憶の想起にはCA3野のパターンコンプリーション(補完)だけでは不十分で、CA1と嗅内皮質の間接経路も必要ということであろう。
関連記事

tag : 海馬支脚 記憶 CA1 CA3 想起

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。