スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なじみ深さや目新しさの印象を支配する神経信号を発見!

なじみ深さや目新しさの印象を支配する神経信号を発見!
~神経細胞の光操作により、思い込みの脳内メカニズムを解明~


私たち研究グループは課題遂行中に嗅周野の神経活動を記録しました。その結果、嗅周野の前側の細胞は物体を記憶しているのに対し、後側の細胞は物体を記憶していないことを明らかにしました。しかし、出力を担う細胞を選択的に活性化する光刺激は、物体を記憶している細胞群、記憶していない細胞群どちらを刺激した場合も同様に、「見慣れている」という回答を増加させました
一方、出力の抑制など、出力以外の情報処理機能を担う細胞も含めて網羅的に活性化する電気刺激によって、物体を記憶していない細胞群を刺激した場合には、光刺激の結果とは逆に、「見慣れない」という回答が増加しました。
この結果から、嗅周野が物体の情報を処理して出力する信号の増減が、目にした物体が「なじみ深い」か「目新しい」かの相反する印象を生成するという、親近性―新奇性判断の因果脳モデルを導出しました。


嗅周野はブロードマンの35野/36野の事で、嗅周皮質や嗅周囲皮質とも呼ばれる。

以前「回想性想起と親近性想起」という記事で、

 AggletonとBrownは側頭葉内側部と間脳の間に機能の異なる2つの日常記憶システム経路があるという仮説を提唱している。

 第1の周回経路は、
海馬->海馬至脚->脳弓->乳頭体->視床前核<->帯状回後部<->海馬周辺皮質<->海馬
脳弓を介してエピソード記憶、空間記憶、または再認記憶のうちの回想性想起に関与しているとする。

 第2の周回経路は海馬体や脳弓を含まずに
嗅周囲皮質->下視床脚->視床背内側核<->帯状回<->嗅周囲皮質
主に視覚認識や再認記憶のうち親近性想起に関与する。


と書いたが、こちらの説とも矛盾せず、主観的な親近性―新奇性判断のメカニズムがより詳細になったと思われる。

ここで重要なのは「出力を担う細胞を選択的に活性化」のみか「出力の抑制など、出力以外の情報処理機能を担う細胞も含めて網羅的に活性化」した場合で、結果に違いが出たことである。
しかし出力先は、どの部位を指すのであろうか。
BRAIN AND NERVE 神経研究の進歩 2017年 4月号 増大特集 ブロードマン領野の現在地」によると、

内嗅領野をインターフェースとして海馬に向け情報が送られ、・・・嗅周囲皮質は前頭前野、帯状回、島、扁桃体、海馬とも神経結合がある


とあるが、これら全てであろうか。
関連記事

tag : 嗅周野 35野 36野 嗅周皮質 嗅周囲皮質 親近性 新奇性

コメントの投稿

非公開コメント

新着図書情報

2017年8月発売

2017年4月発売

2016年11月発売

2015年10月発売
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
広告
最新記事
お勧めの本
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

sai

Author:sai
宮城県出身。寅年生まれ。おうし座。B型。左利き。赤緑色盲。たそがれのプログラマー。

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。